性病スピード治療塾

どんな人も性病に感染する危険性があります。性病は様々な種類があり、たとえ性行為を行わなくても公衆浴場での感染や、ホルモンバランスの変化による免疫力低下などの影響でも感染しやすくなります。しかし今はすぐに治療ができるお薬がございます。

蕁麻疹の症状が出る性病の検査方法

性感染症(STD)には、多くの種類や症状があります。中でも、B型肝炎の症状には発熱や吐き気や蕁麻疹がありますが、食事や虫刺されなどと言ったちょっとした刺や一般的な風邪でも出る症状でもあるため、性病だと疑わず発見が遅くなる場合もあります。
B型肝炎には急性肝炎・慢性肝炎・劇症肝炎の三種類があり、中でも急性肝炎は潜行性に発症するもので、 倦怠感や脱力感や食欲不振の他に、吐き気や悪寒や頭痛や関節痛のような風邪とも取れるような症状があります。また味覚や嗅覚の異と 右上腹部鈍痛腹痛など、 呼吸器系や消化器系に症状が出ます。10~20%の割合で肝炎を発症する数日前から数週間前に血清病のような症状が見られ、その時に出るのが蕁麻疹や血尿や蛋白尿と言った、疲れやちょっとした刺激で出てくる症状です。
このため一般的な病気と勘違いしやすく、性病の発見を遅らせる原因ともなっており、実際にB型肝炎やC型肝炎の感染者は日本で210~280万人ほどいると推測されていますが、約3割の人は自分が感染していることに気がついていないと考えられております。
肝炎の検査方法は血液検査です。採血してから約1週間~数週間後には検査結果を知ることが可能です。感染した時期から3カ月以上経過していれば、正確な検査結果が出るので、その後どの肝炎であるかを詳しく調べます。
B型肝炎の検査方法は、HBs抗原と呼ばれるB型肝炎ウイルスの外側の蛋白質を検出するもので、これが陰性であればB型肝炎ウイルスの感染はないということになりますが、この検査で陽性と判断された場合には、B型肝炎ウイルスの感染が認められたということである為、医療機関で受診し、更に詳しい検査方法でどの程度の感染状態であるかを調べる必要があります。
一般的には、性病にかかった場合の蕁麻疹は痒みより痛みが強い物が多いですが、少しでも疑いがある場合には早めの受診が望まれます。